英語学習

これで英語の長文マスター!〜SとV理解で読解力10倍にする方法〜

「単語はわかってる!だけどなんで英文が読めないんだろう…」ってお悩みの方必読!

S(主語)とV(動詞)が分かれば、長文読解で悩むことはなくなる!

 

ナマケモノ
ナマケモノ
今までなんとなく読んできたけど、やっぱり長文には苦手意識があるんだよね…

 

まさ
まさ
長文読解ってやっぱりみんな悩むポイントだよね。

今日はアシスタントのあすかに長文を楽に読むコツを紹介してもらうよ!お願いね☺

 

あすか
あすか
まさ先生了解です!

今日は長文を読む「SとVを正確にとる」をいうコツをご紹介していきます!

 

 

英語の文章が読めればたくさんのメリットがありますよね!

 

文章が読めることのメリット

・世界の情報を時差なく、そのままの表現でキャッチできる!

・まだ日本語で訳されていない本や記事が読める!

・英語の資料を臆することなく自力で解釈できる!

 

 

 

などとビジネスマンなら一度は夢見ることですよね。

 

ただ、それはもちろんできたら良いけど

 

・単語はわかっているのに日本語に訳せない…

・なんとなく読んでたら全然違う意味で解釈していた…

・とにかく前に行ったり後ろに行ったりして訳すのに時間がかかる…

 

といったお悩みを抱えている方多いのではないでしょうか?

 

そう。そんなお悩みを抱えているあなたに読んでいただきたい

「長文を楽に読むコツ」

を今回はご紹介していきます☺

 

本日は

〜文のSとVをしっかり見つける〜

ということに関してご紹介をしていきます^^

長文読むには必須!S(主語)とV(動詞)とは?

SとVって学生時代になんかやったなあ…

聞き覚えのある方は結構いらっしゃると思います^^

もう一度ここでSとVについておさらいしておきましょう!

⭐S,Vとは?

S:主語(subject)
・「〜は、〜が」と訳します。
・原則文章の一番始めにきます!

V:動詞(verb)
・「〜する」と訳します。
・原則”S”のすぐ後ろにきます!

文章は基本的にSとVで成り立っています!

 

大事なことなのでもう一度言います。

文章は基本的にSとVで成り立っています!

 

 

なのでSとVの構造が見抜ければここで8割その長文は読めます!

その構造の見分け方をしっかりマスターしましょう!

 

実際にSとVを見つけてみよう!

例えば、以下の文章を見て、SとVをつけてみましょう。

 

Japanese people work hard everyday.

 

さて、できたら日本語訳までお願いします◎

 

 

 

 

正解を発表します!

 

そうです、

Japanese people work hard everyday.

S      V

ですね。

 

なので、

S:Japanese people⇛日本人は

V:work⇛働く

 

という意味になり、「日本人は働く」という大きな核ができますね!

 

そしてそのあとに「hard(熱心に)、everyday(毎日)」

とあるので、そちらを付け加えて

 

日本人は毎日熱心に働く」というきれいな日本語訳になります。

 

 

でもこれくらいとれますよ!

なんでこれが重要なの?

って思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

もしSVがしっかりとれなかったら…

のケースを次に一緒にみていきましょう!

 

SVを無視してしまったらどうなるの?

 

さて、もう一度こちらの文をご覧ください。

Japanese people work hard everyday.

 

以下のように単語を一つ一つ訳された方はいらっしゃいませんか?

 

Japanese people:日本人

work :仕事

hard:大変

everyday:毎日

 

確かに一つ一つの意味はOKです◎

でも、これらを組み合わせるとどうでしょう…

 

「日本人」「仕事」「大変」「毎日」

⇛「日本人の仕事は毎日大変」?

 

このように意訳(原文の一語一語にとらわれず、全体の意味やニュアンスをくみとって翻訳すること)できますよね。

 

でもこれは、まさに

 

単語の意味はわかっているのに、日本語訳ができない

 

を引き起こす一番の原因なのです。

この文章は

「日本人の仕事が大変なこと」を表現したいわけではなく、

日本人が一生懸命働く」ということを表現したいんですね。

 

なので、こんな基本的な文章でもSとVを忠実に見つけていくことを大切にしてください☺

 

 

 

では、最後にもう一つ練習問題です◎

以下TOEICでよくありそうな例文の1つですが、SとVを分解してみてください!

練習問題

we are sorry that the oven you bought from our store is not working.

 

 

 

 

<答え>

we are sorry (that the oven you bought from our store is not working).

S    V                     S                                               V

 

これはthat以下よりまた文章が始まっているのでSとVが2つある文章になりますが、

基本は同じで「Sは(が)Vだ」と訳していきます。

 

we are sorry  :私達は残念に思う(申し訳ない)

※be sorry that~:〜を申し訳ないと思う、〜について申し訳ありませんでした

 

the oven you bought from our store is not workingオーブンが作動しなかった

つまり、この文章はオーブンが作動しなかったことについて謝っている文章ですね。

 

そして赤と青字以外のところはどのようなオーブンかを修飾(説明)している文章になります。(you bought from our store:あなたが当店で購入した)

 

SとVだけで文章の大枠が掴める感覚は得ていただけましたか?

 

そう、まずはSとVを把握することが何よりも大切なのです!!

 

 

<上記の日本語訳>

あなたが当店で購入したオーブンが作動していないことをお詫び申し上げます。

 

長文読解のための今後のアクションプラン

では今日から実施していただくために1つお願いがあります!

 

それは今から読む文章一つ一つのSとVに下線を引いて、S、Vと分解することです!

 

文章によってはSがとても長いものや見つけにくいものもあるでしょう💦

 

そして時間もかかってしまうかもしれませんね。

 

でも驚くことに、回数を重ねるごとにSとVの見極めができるようになってきて、

そしてスピードも上がってくるのです!

 

SとVを分解して、分解できなかった時はなぜ分解できなかったかを自分で分析してみると

 

新たな課題が発見できるかもしれません。

 

くどいですが、もう一度お伝えしておきます!

 

なのでSとVの構造が見抜ければここで8割その長文は読めます!

 

まずはSとVを見つけるプロになりましょう!!

 

<次回予告>

長文を読むときに

・前後いったり来たりしてしまう…

・どこを読んでいたかわからなくなる…

・どこまでが意味の区切りかわからない…

 

こんなお悩みを解決します!!!

 

次回も楽しく気楽に読んでいただけると嬉しいです◎

 

 

 

 

Ukiwaku ENGLISH!の公式LINEアカウントでは、会話が楽しく学べるヒントが盛り沢山です!

完全無料で無制限にご利用できます!

英語に関する質問もし放題です♬

この機会にぜひのぞいてみてください⬇️